寄付眼鏡受け取りメール遅れています

寄付の眼鏡を送って下さった皆さまへ

無事に壊れずに届いているか心配されていることと思います。お待たせして申し訳ありませんが、お礼のメールをお送りするまで数日~1週間位の時間を頂いております。申し訳ありませんが暫くお待ちください。

2017年1回目の寄付ブリスベンへ

20170220_172727

2017年1回目の寄付の眼鏡たち370本をブリスベンへ発送。今回は壊れているもの、傷んだフレームだけ届いたものなど、メタルリサイクル用として段ボール1箱別に作り一緒に発送した。実際に途上国に届けられる以外に、活動費に変えられる物を寄付することでも協力していければと思う。誰にも使われず眠っている眼鏡が見つかったら、是非ご連絡ください。

2017年1回目 39.2kg なり

20170224_141015

2017年1回目。なかなか時間が取れず貯めてしまった8袋のケースをリプラスさんに持っていく。なんと、39.2キロ。これまでの総重量約600キロは、他のポリプロピレンと混ぜずに保管してある。そろそろ次のステップを踏まないといけなくなってきた。。。

205円の間違いでした(^^;

前回、170円とお知らせした定形外郵便の金額、205円の間違いでした。わずかな差だけれど、これから協力して下さろうと考えている方達に、正しくない情報を公開したのは軽率でした。ゴメンナサイ!

 

170円の定形外郵便

20170131_170638

空きケースの回収プロジェクト、中古眼鏡の寄付を始めて4年目に入っています。HPの影響は大きく毎日問い合わせのメールが届きますが、そんな日々に嬉しいことは、以前眼鏡の寄付をして下さった方がケースも貯まったからと再度こうして送ってくれたり、また眼鏡を寄付したいとメールがあることです。覚えていてくれたんだ!と私の単調な作業の毎日に光がさします。空きティッシュBOXに貯められたケースは定形外郵便を使えば170円の送料で送られて来ました。なるほどね~と箱を見つめてひとりごと。これまでゴミと一緒に捨てていた物を170円かけて送って頂く事は申し訳ないけれど、当たり前のような使い捨ての毎日に環境について考えるキッカケをくれる勉強代のような気がします。

2017年が始まりました✴

20170105_155041

上総一ノ宮が2020年東京オリンピックのサーフィン会場に選ばれたのを受けてか、以前からあったのかは分かりませんが、初詣に玉前神社に行った時、面白いお守りを見つけました❗巫女さんにサーファーの方用のお守りですか?と聞いたところ、「人生の波に上手く乗れますようにとのお守りでもあります」との暗記したような説明(笑)。若い巫女さんには、人生の波がどんなものか知るよしもないのでしょうね、きっと。 思わず1個買い求めました。今年も、良いことも嫌なことも起こるだろうけれど、笑う門には福来る、に違いない⁉感謝と笑顔を忘れずに過ごそうと思います。

ここが、2020年のサーフィン会場

20161221_092449

2020年のオリンピックで新しい種目サーフィンの開催場所が、なんとここ一宮町に正式決定しました。住民の思いは複雑で嬉しいばかりではありません。大切な事は町民の知らないところでいつの間にか決まってしまうので、これから様々な利権がからみ大切な自然物が乱開発されるのが見えているからです。すでに砂浜を潰して🅿にする事が決まったとの情報もあります。もう、この海岸に海亀が産卵にこなくなるのでは?オリンピックの嵐が過ぎたあとはどうするの?確かに受け入れ体制を整えるのは町の使命かもしれないですが、海や今の環境を壊さないのが前提位の強い姿勢で町のみんなが受けて立たなくては、お天道様から罰が下るような気がしてなりません。海を愛するサーファー達は、しっかりした考えを持っています。

1週間で1,010本の寄付✴

20161221_072759

1週間の間に2回、ブリスベンへ眼鏡の寄付の発送をしました。HPを見ていただき、大切な家族の遺した眼鏡が世界のどこかでまた役立ってるかと思うと嬉しい、と寄付して下さる方達、次々作り替えていたら溜まっていてと持ち物から寄付して下さる方、子供さんの眼鏡、などなど。合計で1週間で1,010本になっていたのにはビックリでした。素晴らしい活動を応援します、とのメッセージも私に添えて下さりエネルギー湧いて、継続しようと自分に言い聞かせます。ブリスベンの関係者はそろそろクリスマスで長い休みに入るのだろうから、今年の眼鏡の発送はこれで終了とします。

 

2016年の最後は39.22kg

20161216_144935

リプラスさんへ2016年最後の運び込みをしました。1ヶ月で、39.22kg。まだアルミ部分をはがしきれてない分が2袋事務室にあるから40kgは越えたことになりそうです。HPという媒体のお陰で、沢山の人の目に留まり記憶のどこかにインストールされていく便利で有り難い世の中だけど、コンタクトレンズの空きケースのアルミ部分をはがして毎回何かに貯めていく、アナログな作業こそが私たちの未来に向けて、とても大切な習慣なのだと思います。

パンフレット完成❕

レンズケース回収のパンフレットが出来上がった。早いもので、Eye Love Earth の活動を始めて4年目に入った。これまでHPとA4サイズで印刷した文書で協力を呼びかけて来たけれど、手に取りやすく読みやすいパンフレットにした方が私のパッションが伝わるかなと思った。まだまだ検討の必要がある課題は沢山だけれど、いつも考えていれば、ふとした時にひらめくかもしれない。20161117_202940ボジョレー・ヌーボー飲みながら、乾杯としよう。