2月の寄付

速いもので、もう2月も半ば近い。お陰様で沢山の方から寄付するにはどうすれば?とメールが届く。大部分は状態の良いものだが、その反対もある。物の価値観は人それぞれだけど、明らかに見えかたや掛けた時に不具合が生じる物は、こちらで処分させて頂く旨は、既にメールに書いてあるので、メガネにごめんなさいをする。目から入ってくる情報は7割とも8割とも言われている。日本から届けられた眼鏡が、途上国で暮らす沢山の人に明るい気持ちと好奇心を呼び戻しますように!

15514015559332713852804138239991

2019年1回目の寄付の発送です

20190126_0919311月25日と27日に合計831本のメガネ達をブリスベンのライオンズクラブに発送しました。小さな子供さんい毎日メガネをかけさせるのは母親として、大変な事だったと思います。きっと途上国にはメガネがなく、視力矯正が出来ないまま成長する子供達が多いのでは、と大切な思い出の品を何人も寄付して下さいました。その他にもメガネにはそれぞれの感謝の気持ちが詰まっている気がします。お礼の連絡が遅くなってしまい、申し訳ありません。1つ1つを開けて中を確認して、、と思うからつい遅れるのだと反省しています。皆さんに、無事に届いています!という報告だけを迅速にするよう、2019年は心がけます。

2018年は50.2㎏で〆

もう5年以上の縁になる、再プラスチック製造会社リプラスさんへ2018年最後になる回収したケース11袋を搬入、今回は50.2kgとのこと。総重量は約1.2トン。
ケースを見ていると、使い捨ては勿体ないとつくづく思う。目の為にもディスポーザブルタイプのコンタクトは
衛生的なので、便利さだけが利点なのではない。元のタイプに戻せないのであれば、せめて資源は再利用していかなくては、と思う。

📷が上手く載せられないのが残念だけれど、後日改めて。。。

想いを乗せて届きますように❗

20181010_181244

これほど使い捨てが進み、あたかも人類がこの地球を自由に乱開発して環境を破壊して良い許可をもらった存在かのような錯覚が産んだプラスチックゴミによる海洋汚染が重大な問題となっている今、私の元には同じ人間が1本の眼鏡でも次の誰かに役立てて欲しいという想いからの寄付が全国から沢山届いている。

不思議な気持ちになってしまう。受付先のブリスベンのライオンズクラブに現地の友人に聞いてもらい私も現況を聞くメールを送ってみた。仕分けの機械も増やしスタッフも増員したとのこと。安心した。途上国に住む人達に喜んで使ってもらえる状態の良い眼鏡を、もうしばらく送り続けようと思う。今回も630本の眼鏡と新しそうなケースを少し発送した。行ってらっしゃい👋

7月24日 42.75㎏追加👍

 

事務室が回収してきたケースの入っているビニール袋で埋もれ始めると、リプラスさんへマイカーの後部席に詰め込んで持っていく。今回も現場でうっかりして持参したケースの📷を撮り忘れてしまった。最近、ナショナルジオグラフィックで特集されたり、プラスチックごみが熱い話題だ。回収して、どうするんですか?とよく聞かれる。どこまで出来るのか、正直、自信はない。ただ、販売しているだけで良いのだろうか?とケースを見ながら考えあぐねた日々。娘から、CSRという言葉を聞いた時の感動👍 とにかくスタートした回収への取り組み。自分の許容量の範囲で続けて行けば、また何かに会えるかもしれない。

20180728_134508

5回分の回収報告です

 

20180630_202953

定期的に株式会社リプラスさんへ回収したケースを持って行き、その様子を写真に撮るところまではいくのですが、ブログにアップし報告する事がなかなか進まず、気付いたら5回分がたまっていました。10/27    24.08kg, 12/13  55.32kg,今年に入って2/14  24.84kg, 3/23 37.5kg, そして直近の5/25  37.5kg    合計 179.24kg  の更新です。

塵も積もれば山となる、ケースも積もれば総合計約930kg。じわじわと喜びが湧いてきています。

2018年1回目が遅くなりました!

20180206_073014

自分をこの世に呼んでくれた両親は、現在89と86。日本の高度成長と共に、人生を突っ走ってきました。産婦人科だったので、遠出も出来ず、家族旅行の思い出もありません。その父の人生の砂時計が落ちてしまおうとしています。何だかバタバタして、2018年の1回目の寄付が遅くなりました事を、お詫びします。5月8 日9日、合計450本のめがね👓をブリスベンのライオンズクラブへ発送しました!

 

2017秋は3回発送合計👓765本

20180206_073014

2017年秋はプライベートな面では孫が生まれてグランマになるという喜びあり、また逆に福岡の実家の父の容態が芳しくなく、命というキャンドルが点いたもの、~同じく消えようとしているものを身近に感じ、慌ただしく過ぎていきました。ひ孫の誕生は父の命にパワーを与えたようで、新年を迎える事が出来ました。そんなこんなで、秋に発送した3回分をまとめて報告いたします。

皆様にとって、2018年が幸多いものとなりますよう、心よりお祈り申し上げます🗻

 

9月は少なめな量でした

 

20170614_141511

回収したケースは、コンスタントに持ち込んでいるのですが、ブログ慣れしていない😅😅ので、つい後回しにしてしまいます。9/27にリプラスさんへ27.74kg持っていきました。年内でどこまで達するか、楽しみです。

ふるさとを出てから随分経ちました

 

 

20170816_110032

福岡県直方(のうがた)市に住んだのは産まれてから18歳まででしたが、いつでもバイリンガルのように博多弁にスイッチできます。さびれてしまった商店街には何だか不釣り合いな程、立派な魁皇の像が駅前にはありました。その魁皇をこの世、に取り上げた産婦人科医の父も89となり春から入院中。この直方で父と共に人生を走り抜いた母は85になり、骨折した足のリハビリ中です。これまで、いつも私を心配してくれていた二人こそが、私の故郷そのもののような気がします。大渋滞を承知で日本ではこの時期に民族大移動があるのも、続いてきた縁を再認しルーツに触れる。これが故郷の魅力なんでしょうね。